曇りでした


天体ショーがあるというので、期待の1日。

しかし、早い時間に一旦晴れたものの薄曇りが続くという状態でした。

21時前から準備し、念のためNASAのライブとあと雲の予報を見ながらウェイティング。

しかし、ほとんど見えてない(涙

22時半過ぎくらいからだいぶ良くはなりましたが、それでも雲で遮られ見失うことしばしば。

なんとか撮れましたが、ちょっとねー。

diary Leave a comment

ストーブメンテ と 帰ってきたFlip1000mk2その2


メインの暖房器具であるストーブに問題発生したのが2週間ほど前。

点火しない、という状態になってしまった。

芯かなー?、と見てみたのだが、どちらかというとタール分の付着が大きい感じ。

そういえば季節ごとの空焚きなんてやってないからなあ。

その時に気付いたのがニクロム線なのだが、作業中なのかそれともこれが原因なのか切れてしまっていた。

とうことで早速発注、届いたのが日曜のこと。

なかなか交換の機会がなく、やっと今日実施。

点火用のニクロム線はご覧の通り。

早速新品と交換する。

ちなみに作業には工具は全く要らないのであった。

(ニクロム線と芯の距離を調整したい時にはプラスドライバーが要ります)

Continue reading »

diary, electronics, house 2 Comments

雪とオシロスコープ


先週は日本全国雪マーク。
こちらも結構な降りでした。

二日経ってもご覧の有様、おまけにまだ降るし。
日を追うごとに路面は快方に向かいましたが、東口付近の歩道と裏道だけはなぜか凍ったまま。
歩道なんか日陰よりも日向が凍ったまま、というのは、今の世の中だからでしょうかね。
そうしてやってきた週末、お出かけした隙にデカイお荷物が届いておりました。
奥様曰く、デカイのにもびっくりしたけど、宅急便のにいちゃんが辛そうで面白かったらしいです。

Continue reading »

cars, diary, electronics, house 2 Comments

Sound Card Oscilloscope の試用 その2


Sound Card Oscilloscopeの続き。
と、そのまえに昨日のやつで記事のリンクを貼り忘れ(笑
あれだと何のソフト使ったのかもわからないからねえ。
ってことで、こちらの記事、になります。
さて続きに戻ります。
まずは、Win7なmacbook(core2の2G)、それとWin10(core2の3G)にそれぞれインストールしてみた。
これ自体にシグナルジェネレータもあるということで、内部ループにて動作チェック。
ともにXPよりも動作が軽く、さすがはハードの差はすごいねえと実感w
しかし、2kHz程度になると周波数は問題無いのだが波形がカクカクになってくる。
うーん。これは出しなのか、それともオシロ側なのか??
ともかく動くにはわかったので、再度XPに戻る。
今日は全国的に雪でうちももれなく寒いのだが、作業部屋は暖房入れないってことにしてるので素早い行動が肝心である(笑

XPでもオシレータ作動。
出してやっていれてやると、なんとかご覧のような波形が観測された。

もちろん先ほどのテストとは違いがある。
内部ループは使用せずに、XPのline-outで出してアンプに入力、アンプのline-outから今度はXPのline-inへ。
これでアンプ出力が観測可能となる。

しかし、無音時のノイズはやはり多い。
ここいらはオーディオボードではなくUSBのやつ使ったほうがいいのかなあ、という感じである。
さて肝心の波形なのだが、やはりノイズ多しw
まお、それはいいとしても、けっこうアンプのマスターを上げてやらないと入力が低すぎる感じ。
ダミーロードはまだ作ってないので仮のスピーカー出しなのだが、これがちょっと耳につきますね。
早いとこダミーロード作らないとダメだなこれは。

computers, electronics Leave a comment

帰ってきたflip1000mk2 & Sound Card Oscilloscope の試用


以前友人のギターアンプGuyatoneのFlip1000mk2を修理したのだが…。
当初は問題なかったものの、その後使用中に雑音がするという。
マスターを絞っても、ザザッ、って感じらしい。
思い当たる節も無いわけでは無い。
というのも、修理完了時にあまりに音が硬かったので、カップリングを元の古いコンデンサに戻したというのがあったのだ。
カップリングか?、それとも交換してなかったプレート抵抗?、あとはなんだ???
とにかくきっちりと修理せねばならない、ということで再度友人宅から預かってきた。

Continue reading »

computers, electronics, music 2 Comments

バンド系新年会


バンド系の新年会でした。
例年と違って、今回はスタジオ。
参加メンバーも全然違う感じとなっております。

今回は4代のアンプを持参。
パーツ取りから練習台に格上げになったFLIP200をはじめ、Boogie、MicroJugg2台です。
重量級は運ぶのが疲れますね。

Continue reading »

diary, music Leave a comment

JuggBox MicroJugg MJ-3 修理(2号機)


Champion110の修理も完了、ってことで、暇になりました。
ってことで、あれを引っ張り出します。
これまたその昔に入手したMicroJugg2号機ですね。
同じアンプがあったらステレオにできるねえ、ってことで探したもの。
1号機の側はガタガタだったが、これはしっかりとしたもの。
中身は、まあ、それなりだったかな。
ああそういえば、スタンバイスイッチが折れてたけど。
形はあるんだけど、中が折れてるらしくグルグル回ってしまうのよね(笑

側を修理済みの1号機に提供中のためずっと放り出してあったシャシー。
ゆえに埃が凄いことに(笑
まあ、ある程度はもともとだったんだけどね。
無水アルコールと綿棒で洗浄、やっぱりこれに限るね。

Continue reading »

electronics, music 2 Comments

Fender Champion 110 修理


これまた昨年秋のお話(汗;
その昔アンプが全然無い頃に、余ってるアンプ無い〜?、と言ってたところ譲っていただいた故障品。
症状は、クリーンがダメ、全然。
一度中身を追ってみたんだけど、どうもその時は原因を見つけられなかった。
その後ずっと歪み専用として居間に置いてあったのだが…。
NTの練習用に良いかも、ってことで、回路図も見つかったので修理することとした。

中身はこんな感じ。
シャシーの前面が薄く背面が厚い、つまり底面が斜めになってるんです。
チューブアンプではまず見られない構造ですね。
でもって一番初めに気づいたのがリバーブタンクの固定がガタガタ。
スポンジの両面で貼り付けてあるだけなのだが、経年劣化でスポンジがボロボロ。
うーん、交換しても良いけど、とりあえず後回しかな。

Continue reading »

electronics, music Leave a comment

Harp Gear The Double Trouble チェック


類は友を呼ぶ、のだろうか?
集まるときは集まるもので、FLIP1000の修理と共にやってきたのがこのアンプ。
非常に珍しいハープ(ハーモニカ)用のチューブアンプである。
ちなみにモデル名が The Double Trouble (><;
ちょっと手出しに迷うお名前である。

スペックは、プリ12ay7、パワー6V6プッシュプル、となっている。
パワーは20w位じゃないのかな?
用途も用途なので、日本じゃ珍しい&あちらの方でも結構なお値段、らしい。

Continue reading »

electronics, music Leave a comment

FLIP 1000 mk2 修理


サーバー停止後の昨年秋。
地元で呑んだ際に、友人の古いアンプが不動となっているとの話が出てきた。
なんでも、久々に電源入れたら鳴らなかったので、新品の球と交換。
そしたら…、バチッ、という音と共にひとすじの煙が…、ってことのよう。
その昔自分のメサブギーをOHした経験からすぐさま説得、ブツを預かってきました。
左下のがそれで、GuyatoneのFLIP1000mk2、ですね。
プリはソリッドステートでパワーが真空管、うちのFLIP500と構成が一緒ですね。

まずはシャシー引き出します。
チューブはブゲラの12AT7と6L6GC、うーん、どんなもんでっしゃろ。
音どうのは置いといて、新しいのでピカピカですね。
気になるトランスは傷んだ感じ全くなし、これなら大丈夫か。

Continue reading »

electronics, music Leave a comment