2009年1月アーカイブ

アンプの重さ

| | コメント(0)
お買い物に行ったついでに、向かいの楽器屋さんに寄ってみた。
目的はアンプの重さである。

いろいろなアンプが並んでいる中で気になったのはもちろんFender。
なかでも、Pro Junior(9.1kg)、65 PRINCETON REVERB(12.7kg)、SuperChamp® XD(10.9kg)あたりか。
まあ、たまたま3つが並んでたってのも理由の一つ。
で、店員さんにお願いしてこの3つを棚から下ろして持たせて頂いた。
うーん、確かに軽い。
とはいえ比較対象がMark1だからそう感じるだけで、実際軽いわけではない、というのが本音か。

ちなみに、この中で1台ってことだと結構難しい。
スペック的にはやはりPrinstonReverbだろう。
実際、内容的にはこのくらいは欲しいところだし、Mesaの根本的な部分を考えればこの機種って言うのは当然とも言える。
ただこの3台の中では一番重く大きいし、お値段もちょっとねえ、って感じ。
外形寸法でいえばSuperChampXDがいい感じ。
重さも軽めで運搬の取り回しは良さそう。
お値段も3台中では一番安くて、36000円台であった。
ただ問題は、要らないのに付いているプリ部のエフェクター&アンプシミュレーターだろうか。
コレ要らないからもっとお安く、って感じである。
残るProJuniorだが、これがなかなかいい感じ。
軽いし、小さい。
問題点と言えるのはやはり出力。
まあ、これはSuperChampXDも同様なのだが、40wは欲しいところ。
EL84のPPなのだから、弄れば出そうな感じではあるが、お値段コレをそこまではねえ。

とまあ、いろいろ考えながら店を出た。
一緒に行った奥様はきっと気が気でなかったろうなあ(笑
ともかく、MicroJugg見つけないと。
あれがサイズ、重さ、出力と、最も私の希望に近いからねえ。

新品

| | コメント(0)
IMG_0440.JPG
結局

朝一番に、コントローラーの電池を抜いてテスト。
おお、すっかり直った!
全く問題無し、完璧。
そうか、これで直っちゃうのか。

夕方、映画を見たいというのでPS3の電源入れると...、あちゃー、やっぱりダメだ、これ。
奥様もコレはダメだねえ、というので、早速買ってきました。

| | コメント(0) | トラックバック(1)
IMG_0438.JPG
渋滞

予報どおり、雪です。
こんな日は空いてるだろうとお出かけしたのですが...。
どこもかしこも渋滞。
さっぱり進みません。
一体何考えてんだこいつら(って人のこと言えませんが

IMG_0437.JPG
PS3

PS3のコントローラーの件で、SONYさんからメールが届いた。

以下抜粋
--------------------
お書きくださいました症状についてお手数ですがコントローラの右スティック、
左スティックを円を描くように動かして、稼動範囲を調整してください。
また、L2ボタンとR2ボタンを深く押すことをお試しください。

上記内容で改善が無い場合には、設定の初期化をお試しください。
ホームメニュー>「設定」列>「本体設定」>「設定の初期化」より
おこなうことができます。
*初期化をすると現在設定されている内容は失われます。
--------------------

こんなんで直るのか???
初期化?そりゃ無茶だなあ。

MicroJugg

| | コメント(0)
今日もアンプに火を入れて、軽くお遊び。
丸くなってきたかな、と思うときもあったが、まだまだ固い音のままだ。

さて、アンプが調子よくなったので、今後は出番も増えそう。
4月に何やらあるという話もあるし...。
で、気になるのが練習である。
毎回このアンプを持っていくのは、重量的にかなり大変。
キャスター付けても良いが、それでも大して役には立たないはず。
となれば、練習用として小さめのアンプが欲しいところである。
できればBoogieがいいし、オークションにもお手頃価格で出てはいるのだが、それでは重量が変わらない。
となれば自作?
まあ、それもいいが、側とトランス、輸入にかかる運送料他、その他、いろいろ考えると適当な新品が買えそうな勢いだ。
じゃあ、オークションで良さそうなのを、と考える。
無難にFenderか、ああ、JuggBoxのはどうか。
とはいえFenderじゃ面白みが無い。
JuggBoxが良いか、と思ったのだが、060Gは重いと書いてあったし、その下の020Gでも18kgと、どれも重さの点では不合格。
他になんか無いかなあ、と思ってみていたらMicroJuggってのがあるというのを見つけた。
これで検索したら、このページが見つかった
ここの資料を見ると、重さは12kg!!!
40Wということは6L6シングルではなくPPのようで、これも申し分無し。
まさにコレですね。
でも、いまのところオークションには該当無し。
検索かけても売りはなさそう。
どこかに無いかなあ。これ。

IMG_0422.JPG
連休中

実は只今5連休中。
年始に仕事したのと、中旬に連勤したのとあって、今頃連休がやってきた。
これだけあれば何処か行けそう、と思っていたけど、いろいろとねえ。
せめて一日だけでもということで、天気予報を見ていたのだった。
で、最もよさそうなのが今日。
朝からいいお天気で、予報では10度くらいまで上がりそう。

さて、エリーゼの方も久々のお出掛け。
この冬は殆ど乗っておらず、バッテリー上がり&未遂が数回(笑
でも今朝はセル一発。
幸先が良い。

PS3が...

| | コメント(0)
IMG_0425.JPG
リモコン

お子様の小さい頃の話になり、そうだ、サーバーに写真入ってるからPS3で見よう、と思ったことがこのお話の発端。
いつものようにPS3を立ち上げ...、あれ、カーソルが一番下に行ってる...、何故?
一番上に有るユーザー、すなわち私なのだが、そこに移動させると...、また勝手に一番下に。
うーん、リモコンでも壊れちゃったのかなあ。
でも他のキーはちゃんと反応している模様。
試しにそのままログインして、サーバーの画像フォルダに入ってみると...、また勝手に下に向かってスクロール。
うん、こりゃリモコンだ。
というわけで、一旦リモコンのリセット。
でも症状変わらず。
こうなりゃ再度ペアリング。
でも症状変わらず。

試奏

| | コメント(0)
IMG_0419.JPG
試しに

バイアスでいろいろとやってみました。
とりあえず自分で鳴らした感じでは、バイアス24mAくらいの深い状態だとかなり固め。
バイアスを浅く、おおよそ35mAの場合だと、粘っこくていい感じのように思える。
だが、比較対象も無くギターも同じ様なのばっかり、おまけに一人でこもってやってるので確実じゃない。
ということで、早速アンプを持ち出して試奏していただいた。
とりあえずは35mAと、Fender系に近い感じのバイアスから。
以前と同じじゃない状態なので比較も何もあったものではないのだろうが、いつもと同じ感じで音作りして弾き始めた。
訊いてみると、これはこれで良いらしい。

IMG_0420.JPG
深め

途中から深めのバイアスに変更。
調整しづらい場所なので、まあこんなもんでいいだろうとこのくらいにセット。
すると、こっちの方が明るくクリアーでFenderに近い感じがする、とのことだった。
浅めの方がFender似かなあ、と思っていただけにちょっと意外。
ということは浅めのバイアスの方がダークってことになるのか。
客観的に判断して頂けるのは嬉しい。

IMG_0421.JPG
単体

せっかくなのでスピーカー単体の音もチェックして頂いた。
アンプはいつもライブで使っているStage100。
早速鳴らしてみると、開口一番に、ブライトだなあ。
確かにいつも聴いてる感じよりも明るく、かつ、何ていうかギュッって感じが強い気がする。
ローも結構出る、でもいつもよりもタイトな感じ。
ともかくブライトでタイトっていう風に感じた。
家で鳴らした時よりもかなりいい感じだったが、まあ、そこは腕ってことか。
とはいえ、本人曰く、やっぱりさっきの方がみずみずしくてさすがチューブアンプだなあ、ということらしい。
SilverFaceのProReverbもあるのでそちらでも試したかったのだが、長いケーブルが無かったので断念。
あ、背中合わせって手があったか。
今度機会があればやってみよう。

適正BIAS?味付け?

| | コメント(0)
バイアスについていろいろと調べてみた。
Mesaのこの深いバイアスについて同様の疑問を持っている方を海外のBBSで発見。
やっぱりいるんだねえ。
やはりここいらがメーカーの味付けなのだろうか。
でも浅くしたときにどうか、ってのもかなり気になるので、自分以外にも鳴らしてもらって評価しようかと思う。

他にも、バイアス一般に関してはこれとかこれ
また、数値のおおよその計算に関しては、このページが良さそう。
とはいえBBSなんかを見ると、本来はアウトプットトランス自体をきちんと調べないといけないらしいのだが...。

そうそう、例のノブだが、やはり気になる。
でもって交換したいのがこれ
最近のMarkシリーズ用で家のとはデザインが違うのだが...。
他に売ってないんだよねえ、この0〜10ってノブが。
それ以外にも問題があり、それがお値段。
12,50ユーロって、高過ぎだよ。
6個買っただけで送料とか入れたら1万超えそう。
普通なら絶対に買わないんだけど...。
でも悩むんだよねえ、困ったことにこれが。

BIAS調整って???

| | コメント(2)
IMG_0376.JPG
また

修理、というか、定期メンテナンスは終わったものの、もう一つ課題が有る。
それはバイアスの調整。
もともとこのMesaBoogie Mark1 Reissueにはバイアス調整のポットが無い。
今回、調整ポットと測定用の端子を追加取り付けした。
いまのところ設定はノーマル状態で、そこから図面指示に合わせてみた程度。
だがしかし、この数字って???、なんだよねえ。
アナログ回路って嫌いでやってなかったので、どういう値がいいのか皆目見当がつかない。
とはいえこのまま放っておくわけにはいかないよねえ。

IMG_0380.JPG
IMG_0381.JPG
プレート電圧

まずは現状のプレート電圧を見る。
感電やショートに注意しながら測るのは、ソケットの3番ピン。
おおおそ473Vくらいで安定。

IMG_0383.JPG
抵抗

電源を落とし、回路を可変にしたバイアス用の抵抗の値を見る。
おおよそ69kオーム。
ちなみに当初の固定の値は82kオームである。


1 2 3 4 5

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12