2008年11月アーカイブ

クリスマスモード

| | コメント(0)
DSCN3311.JPG
玄関窓

先週のことですが、家に帰ると玄関にはこんなのが。
100均で買ってきたらしいです。

DSCN3310.JPG
玄関

玄関にもこんなのが。
これは頂き物のようです。

DSCN3309.JPG
昨日

これは昨日買ってきたツリー。
奥様のたっての希望ででかいヤツです。
サイズは150。
まだ飾り付けの途中です。
でも、こんなに大きいとちょっと邪魔。
それにシーズンオフには何処にしまうつもりなのでしょうかねえ。

練習走行25回目

| | コメント(0)
DSCN3279.JPG
ATOM

予定どおりアトムサーキットへ。
天気はいいが、風が強く、気温も低い。
準備をしていると、英君一家が予定どおり登場。

DSCN3283.JPG
乗れてる?

お子様は元気に飛び出していった。
元気良過ぎて滑りまくり。
どうもこのADVANタイヤ、すっかり固くなっているらしく、チェンシンよりも滑るようだ。
だが数周でかなりまともに。
先ほど書いたように、きょうはかなり元気がいい。
突っ込みもいい感じだし、全体的にスピードが高いと感じる。
乗れてるのか?
タイムも41秒台と、まあまあだ。

ギターラック その3

| | コメント(0)
DSCN3239.JPG
切ります

まず最初にお断りを。
というのも、昨日blogの準備をしていたのだが、アップロードを忘れてしまったのである。
ということで今日は2日分。
写真も多いので、非常に重くなってしまったことをお詫びしておく。

さて、本題のラック製作である。
寸法がやっと決まったので、とりあえず材を切り出すことにする。
まずは縦方向から。
HCで2500に切ってもらった材を2370にするのだが、ガレージの作業エリアいっぱいいっぱいである。
こんな長さ切ることはそうそうは無いはずだが、切り粉がとんでもないところまで入っていくのにはまいった。

DSCN3241.JPG
長手方向

2枚とも切ったところで、今度は幅を詰める。
板の幅は500。
これを450にしなくてはならない。
とはいえこんな長さ切ったこと無いし、うまくいくのかどうか?
他に方法が無いので、もう1枚の方をガイドとして使うことにした。

DSCN3242.JPG
途中で(写真は切ったあと)

実際に切るともう一つ問題が出てくるはず。
テーブルの端で作業しているということは、切ったものは下に落ちる。
これが小さい木片なら落ちただけですむが、これは長さが2730幅が50もある。
で、ある程度切ったところで落ちないようにクランプで挟んでおいた。
途中丸ノコを止める必要があるが、落ちて失敗するよりはずっと良い。

年末恒例

| | コメント(0) | トラックバック(1)
DSCN3238.JPG
恒例の

23時過ぎ。
久々にこんな時間に帰宅。
途中道路工事発見。
今の季節の恒例ですね。
って...やっぱり世の中間違ってるよなあ。

ギターラック その2

| | コメント(0)
004-1.jpg
最終ラック案

ラックの案をまとめた。
細かい数値はまだ多少の手直しがあるが、おおよそこんな感じ。
おっと、ネックを支える部分がまだだった(笑

004-2.jpg
モチーフ

このラックの特徴は一見して判るこれ。
もちろん中に立てるギターをモチーフにしたデザインである。
これは手抜きで片面しか書いてないけど、実際には両側ともこうする予定。

HR今年の営業

| | コメント(0)
先日お子様のカート練習の様子を書いた。
そのとき貸し切りで入ってきたお客さんというのが、HRが雪で走れなくて...、という方々だった。
ハイランドの今年の営業もそろそろ終わりかなあ、とHP見てみたら載っておりました。
今年は12月7日までのようですね。
そして今日からだったようですが、終了の来月7日までの期間は入場無料のようです。
うーん、HIRAC会員の私には全く恩恵ありません(泣
でも、今日は積雪あり、ということで走行不可だったようです。
もう年内は走りには行けなさそうですね。

DSCN3220.JPG
木取り

先日買った材。
早速加工に入る。
まずは簡単なヘッドボードの延長から。

DSCN3221.JPG
トリマー加工

木取りの終わった材料に加工を行う。
側板上部には、トリマーでホゾもどき。

DSCN3218.JPG
バリエーション

普段というかいつも使っているのは、ダダリオの009−042。
メジャーなサイズであるので、お値段もこなれていて具合がよろしい。
010-も使ってみたことはあるが、あれは固くてダメだった。
ピックアップを交換したSG1000RSだが、お薦めにより009−046を入れてみることにした。
以前使ったことがありちょっと固くて止めていたのだが...。
先日、心のギターの師匠が試し弾きしたときに、低音部があれなのでコレが良いのでは?、とアドバイスを頂いたのである。

それともう一つ。
こちらは0095-044というこれまた微妙なセット。
YAMAHA SGの低音部は確かに以前から気にはなっていたのだ。
とはいえ上に書いた通り010は固い。
ところがこの中間があることについ先日気づいた。
で、こっちも購入。
これは2000にでも張ってみることにしよう。

ところでこの2つのセット、マイナー系故にお値段がアレである(泣

DSCN3219.JPG
鈴木茂

鈴木茂である。
それもファースト。
実に古い。
でも買ったのは今日。

昨夜ふとしたことからYouTubeで八月の匂い()を発見したのがきっかけ。
この曲というか鈴木茂の曲自体は、角松敏生がライブアルバム、Special Live'89.8.26~MORE DESIRE~、の中でもカヴァーしており、実はちょっとお気に入りだったのである。
だがオリジナルを聴いたことは無かった。

早速買ってきた(というか買ってきて頂いた)のだが、これがなかなか良い。
でもこれ聴くと、角松はいいとこどりでカヴァーしてたのねえ。
いくつか足りない曲はなんとか探してみようっと。
それと、上に書いた角松のアルバムもどこかに紛れたみたいだし、これもね。

ギターラック その1

| | コメント(0)
DSCN3217.JPG


放っておいたサーバールームの棚とか机とか。
いつまでもこのままではらちがあかないので、とりあえずギター関係ラック分の材を買ってきた。
でも、結構大きさがあるので、車に積むのはこのくらいが限界かも。

003.jpg
変更

いろいろ考えたのだが、やはりレイアウト変更(爆
やっぱりアンプはこの位置でないと、都合が悪い。
それに伴い、机も横一にすることにした。
机は2案あったのだが、結局ズバッと幅いっぱいに。
アールの部分はまだ未定。
というのも、スペースもあるし、材も問題。
材を2分割にしたらつなぎ目出ちゃうし、かといって1本だとサイズもでかいし、加工も運搬も大変。
ラック本体は奥行きを考察中。
板を止めようか、とも思ったのだが、やはりあった方が...。
で、上半分だけでもどうにかならないかと考えたのがこれ。
キターの形状に合わせて奥行きを薄くするんですね。
うちの場合、YAMAHA SGだけなので、これもアリかも。
SGの形だが、35Guitarさんのところのをつかうか、現物合わせでも良いかも。
アーチドトップの軽く掘ったりとか、コンター付けたりしたら、結構面白いかも。
とりあえず、材のあるギターラックから製作の予定。

そうそう、ついでだが、ベッドのヘッドボードを延長すべく、こちら用の材も買ってきた。
見える面をどうするかだが、タモの集成材を購入。
以外と簡単に出来そうだが...、隠れる面を作らない予定なのでその分補強が要る。
結局面倒になりそうな予感。

練習走行24回目

| | コメント(3)
DSCN3210.JPG
お友達

塩分制限も無くなったし、そろそろいいかな?、ということで、カート。
アトムに行ってみると、キッズカート走ってるし。
お友達でした。
あちらは一つ年下だけど今シーズン中にすっかり速くなっちゃって、うちの子じゃもう追いつきません。
残念なのは、あちらは午前の走行、うちは午後の走行。
一緒には走れませんでした。うーん、残念!!!

1 2 3 4

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12